千葉・柏市のリフォームならドリームリビング

万一に備えて住宅耐震補強DSG倒壊防止システム

  • DSG倒壊防止システムとは?
    平成7年に全世界を震撼させた阪神淡路大震災では、亡くなられた方の8割が 家屋の倒壊にによる圧死や窒息死であったといわれています。また、倒壊した家屋は従来工法による木造建築が 多かったことも明らかになりました。その中、「我が家は全壊したのにお隣は無傷で残った」 という例もありました。同じ木造住宅で築年数もほぼ同じなのに、工法・構築の違いによって このような不公平がでてしまうのは、残念ながら現実です。
    「我が家はどうなのか、対策は?」
    地震対策を真剣にお考えのあなたのために、今お住まいの家でもローコストで確実に耐震補強 ができる画期的なシステム、それがDSGです。
    DSG倒壊防止システム
    地震による家屋倒壊要因は、直下型地震の突き上げとその後に来る横揺れと考えられ、建物へ前後左右の衝撃波が伝わることで起こります。そのことを研究し開発された究極の耐震システム、DSG。施工実績1,100棟があなたの家族と家を守ります。
    倒壊を起こした家

    倒壊を起こした家

    倒壊を起こさなかった家

    倒壊を起こさなかった家

  • DSG倒壊防止システムの特徴

    外付け工法で、住みながらの施工が可能。
    施工が簡単で、工期も1~3日と短期間。
    施工費が安価。
    (一棟30坪程度で60~70万円施工費別)

    耐震改修の手法
    壁の増強
    接合部補強
    開口部補強
    改修工法のねらい 強度補強
    地震力低減(直下型による免震)改修工法の特徴
    後付けタイプですので、工期は1~3日 外付けタイプですので、住みながらの工事もできます。

    費用 平均4台設置で施工費含め約100万
    工期 工期は1~3日(現場状況による)
    工事業の種別 工事設計実績 建設業 1000棟

    ※リフォームローンご利用なら月々2万円、また、住宅金融公庫の融資を受けられます。詳しくは、お問い合わせ下さい。

  • DSGの開発と動機

    私にとって、防災の原点は今年で8年目を迎えた阪神淡路大震災にあります。被災の数日後、建築士として社員とともに東京から現地入りして、倒壊家屋の撤去や復興住宅の再検討に従事し、 2年8ヵ月にわたって23棟の住宅建設に携わりました。そこで見た数知れない悲惨な光景は、私にとって生涯忘れる事のできないものです。と同時に、痛ましい犠牲者の大半が地震発生直後の家屋倒壊と家具の 転倒によるものであった事実を前に、一人の建築士として「建築基準を満たして建てられたはずの木造建築が、どうして、こんなにも多く倒壊したのだろうか?」という悔しい思いが、私の頭を離れませんでした。
    東京に戻った私は、以来、地震に弱い木造建築の弱点を補う効果的な耐震補強・倒壊防止対策について真剣に取り組み、試行錯誤を重ねる日々が続きました。そこにあった思いは、阪神淡路大震災で痛感した 「自分たちの街は自分たちで守る。自分の命は自分で守る」という姿勢がいかに大事かということでした。そして平成10年、ようやく完成したのが、耐震補強金物『倒壊防止システムDSG 』

  • DSGの実験・実証
    さっそく強度の実証データを得るため、鹿島建設の協力を得て、構造力学の権威者である早稲 田大学工学博士・田中禰春雄教授の立ち会いのもとに、各種の実験を行いました。同社の実験 装置は、実際の地震に近い3次元の揺れを再現できる、日本に数台しかないものでした。その 結果、震度7の地震にも耐えられる強度を発揮することが実証され、田中教授から「DSGは、筋 かいと同等以上の水平力への抵抗力を持ち、かつ直下型地震による突き上げについて有効であ る、ということができる」という考察をいただきました。翌平成11年、DSGは滋養新案登録番 号[3058888]で認可されました。 DSGの実験・実証
トップに戻る