千葉・柏市のリフォームならドリームリビング

ドリームリビング 施工箇所別リフォーム お打ち合わせからアフターフォローまで自身と情熱をもって取組んでおります

古くなった浴室の前面改装

  • 古くなった浴室の前面改装

    浴室のリフォームには、床や壁をタイルなどで仕上げた在来工法と、ユニットバスの2種類があります。
    現在は、水漏れの心配の無いユニットバスに交換する工事が主流となっています。

    在来工法とユニットバスの違い

    在来工法ユニットバス
    在来工法 ユニットバス

    施工性・メンテナンス等

    • 下地材に亀裂が入ると水もれを起こす。
    • 15年ほど経つと、目地が取れたり、タイルのひび割れなどが起こるので早目のメンテナンスが必要
    • 工期がかかる

    インテリア性

    • 個人的な希望を取り入れて、ユニットバスでは対応出来ない様なデザインでも自由にプラン出来る

    施工性・メンテナンス等

    • 水漏れの心配はほとんどない
    • 掃除が楽
    • 在来で造るより浴室内の大きさがやや小さい
    • 工期が短くて済む

    インテリア性

    • デザインは在来ほど自由に出来ないが、最近では、サイズ・デザインも豊富で最新機能も付いているため、採り入れられることが多い
    インテリア性や趣を重視するなら在来工法 メンテナンス性・機能を重視するならユニットバス

    リフォームプランのすすめ方

    在来の場合、まず希望を明確にすることです。和風が良いのか、洋風でモダンなものが良いのか。 浴槽はどんなもので、求める機能は何か。色のイメージも重要です。明るい色、落ち着いた色、都会的でクールな色。これらは雑誌の写真などを見て、イメージを掴むと良いでしょう。

    実際に材料や色、デザインを決める際にもるイメージ写真などを用いて希望を伝えると分かりやすいです。その上で見本を見て決めると良いでしょう。 また、浴槽などはショールームで現物を見て決めたほうが良いでしょう。


    様々なプラン

    寝ながら入れるバスタブ、ゆったり座って肩まで浸かれる深さのバスタブ、ジャグジー付きバスタブなど種類が豊富ですので、自分の希望に合うタイプ、サイズが選べます。

    材質は、ホーロー・ステンレス・FRP・人造大理石・檜など沢山あります。予算や手入れ方法なども考慮して選びましょう。

    また、坪庭など造って、天然光を採り入れたり、外灯を灯すと、尚一層、入浴タイムが楽しめます。 スペースが取れるのであれば、浴室から坪庭に出られるよう出入り口を設けて、外の景色が楽しめるようにすると露天風のような風情も味わえます。

    リフォームプランのすすめ方

    ユニットバスの場合、値段は大きさ、商品のグレードによって違いますが、40万位から数百万するものまで色々あります。 その他に設置工事代、配管工事代などもかかります。

    *希望する商品にしたい場合

    まずは、どういった商品があるのか、各メーカーの商品をカタログを見る→ショールームで現物を見るなどして、グレードや採り入れる機能を検討していきましょう。

    *予算内で収めたい場合

    予算を伝えて、いくつか見積りを出してもらいましょう。その中で、仕様・デザインなど比較検討し、商品を決めていきましょう。

    商品は必ずショールームへ行って見てくるようにした方がよいです。専門のアドバイザーが詳しく説明してくれますし、その場で質問や相談も出来ます。

    ■ユニットバスの様々な機能

    ユニットバス
  • メンテナンス・補修

    在来のタイル貼りの浴室の場合、表面は綺麗であっても、防水下地に亀裂が入ると、マンションなら下階への漏水、一戸建てなら土台などが腐るがあります。

    目地やコーキング(サッシ廻りなどのすき間を埋める材料)、タイルのひび割れには注意して、早い時期に補修する事が建物のためにはとても大切です。

    数年に一度はコーキングを剥がして打ち直したり、目地やタイルの補修をしておくと安心です。


    前面的な改装の場合には、浴室内部の配管はすべて新しくすることが大切です。

    古いものと新しいものを繋ぐと、そこが水漏れの原因になりやすく、床下で水漏れが起こると後で修理が困難な場合が多いからです。

  • 風呂釜・給湯器の交換

    風呂釜も現在は、給湯器と湯沸し釜が一体になって、ボタン一つで自動でお風呂を沸かすもの(追炊付給湯器)が主流です。一台で、キッチン・洗面所・浴室へと給湯し、お風呂も沸かします。


    ガス給湯器の場合、「号数」が表示してあり、数字が大きいほどパワーが大きくなります。

    標準的な一戸建て(3~4箇所給湯)であれば最低24号、マンションであれば16号は必要になります。

トップに戻る