千葉・柏市のリフォームならドリームリビング

ドリームリビング 施工箇所別リフォーム お打ち合わせからアフターフォローまで自身と情熱をもって取組んでおります

水廻り 洗面所

  • 洗面台を取り替える

    洗面台を選ぶ時のポイント

    まず、洗面台をどのように使うのかを考えることです。ただ、洗面や手洗いだけでなく、シャンプーも出来た方が良いのか、そこでお化粧をしたりするのか。それによって、洗面ボウル大きさや深さ、 必要な機能収納の形やなども変ってきます。
    また、別に洗濯流しが無い場合は、そこで簡単な洗濯をすることもあるはずですので、その辺も考慮してサイズや材質を決めると良いでしょう。

    ここがポイント
    • 何が必要で、逆に無くても良いのは何か
    • 機能性、掃除のしやすさ、デザイン性、どれを一番重視するか
    システム洗面

    収納キャビネット付きのシステム洗面/INAX

    洗面化粧台

    スタンダードな洗面化粧台(両口750mm)/TOTOX

    ガラストップコンロ/松下電工

    すっきりしたデザインのハイバックガードボウル洗濯や洗い物にも便利/TOSTEMX

  • 使い方に合わせてリフォーム

    ~家族構成や生活のスタイルに合わせて使いやすくリフォームする~

    大家族で、朝の身支度の時間が重なって大変。解消する方法は?

    ●洗面ボウルをふたつ設けるなど、既存にとらわれず、柔軟な発想で対処

    洗面所がインテリアとして定着してきたのは最近のこと。今は、パウダールーム(化粧室)として、身支度をするのに重要な場所になっています。
    大人ふたりが、同じ時間帯に歯をみがき、顔を洗い、さらにヘアスタイルを整えたり、化粧もするというのならば、広めのカウンターに洗面ボウルをふたつ設置するとよいでしょう。カウンターには人工大理石を用いたり、耐水性のある木を使ったりしてインテリアを楽しむのもよいでしょう。

    現在の洗面所ではスペースがとれない場合は、スペースを広げるか、あるいは別の場所に洗面台を設置するという方法もあります。
    洗面ボウルを2つ設けた例

    洗面ボウルを2つ設けた例

    また、鏡の裏や、壁厚を利用した収納スペースをとれば、化粧品や細々した物の置き場に困りません。
    デザインや機能などにこだわりオーダーをするという場合は、収納に奥行きを取りすぎると、洗面する時に邪魔になることもありますから注意しましょう。

    またユーティリティとして使いたいというケースもあります。ユーティリティというのは、「住宅における、家事作業の中心となるスペース」という意味です。
    洗濯や掃除、アイロンがけなど日常生活に必要な作業は膨大です。これらのスペースを洗面所にとることで、家事の短縮化を図ることが可能です。
    人造大理石の洗面カウンター/INAX

    人造大理石の洗面カウンター/INAX

    リビングルームの広さI畳分を削って、この洗面所にスペースを取るだけで、生活のしやすさはかなり変わってきます。

    赤ちゃんがいるので、お風呂上りのオムツ替えなどをしやすくしたい

    ●長椅子を置き、おむつ替えの場所を作ったり、下着入れなどの設置を

    リフォームの際、脱衣所に長椅子程度の家具が置けるスペースを取ると便利です。その上でおむつ替えや着替えをすれば、床に寝かせなくてもすみます。大きくなってからも、湯冷ましができるスペースとして使えます。

    そのほか、座面下が収納スペースになっていて、タオルなどを入れておけるチェスト風家具も便利です。冬の寒さ対策に、安全なパネルヒーターなどを設置するとさらに安心。これらは子どもだけでなく、お年寄りにも適した脱衣所です。お風呂上がりにゆっくり座って着替えができると、立ちくらみなどの転倒防止になります。

トップに戻る