玄関ドア リフォームをする前にまずはこちら


玄関ドアはただ出入りに使うだけではなく、お住まいの顔とも呼べる部位です。1日に何度も開け閉めしていると経年劣化でハンドルが壊れてしまったり、ドア全体が汚れる、建て付けが悪くなってしまったりすることもあるでしょう。

こちらのページでは、玄関ドアに不便を感じリフォームを検討し始められた方に、まず知っていただきたい玄関ドアに関する基本的なリフォーム知識をご紹介します。

ドリームリビングは千葉・柏市でのリフォーム実績が多数ありますので、 「こんなリフォームはできる?」と思われた際はぜひお気軽にお問い合わせください。



玄関ドアリフォームの目安は?

玄関ドアはどのタイミングでリフォームすれば良いのでしょうか。玄関ドアの交換リフォームは費用相場が20万円ほどであり、決して安いリフォームではありません。

ご自宅の玄関ドアでこの様な症状がある場合は、リフォームやメンテナンスが必要です。当てはまる項目があるかセルフチェックしてみましょう!

こんな症状があったらリフォーム・メンテナンスが必要かも!

玄関ドアの締まりがスムーズにいかない

以前はすんなり開け閉め出来ていたのに、ガチャっと引っかかりが気になるようになったときは、ドアのヒンジという部位のネジが緩んでいることが原因かもしれません。

もしくは開閉に関わる他の部位である、ラッチやストライクを見ていきます。20年、25年以上経過している玄関ドアはドア自体が歪んでいることもあるので、この場合はドア交換も検討されるのが良いでしょう。


玄関ドアの隙間風が気になるようになった

玄関は開口部なので、熱の出入りがあります。断熱性が低いと、冬場は冷たい空気が入り込んでくるので、玄関は寒い場所になりがちです。

隙間風がある、増えたという際は玄関ドアのゴムパッキンの経年劣化を疑ってみてください。ゴムパッキンはドアの衝撃を吸収しているとともに、気密性を上げる役目があります。

消耗品なので経年劣化は避けられませんが、ひどい場合は枠自体が歪んでしまっている可能性もあります。


外観が悪くなった

外回りのリフォームやメンテナンスでよく耳にされるのは外壁塗装かと思いますが、玄関ドアも経年劣化で外観が悪くなります。

出入りするだけと言ってもドアに何かをぶつけてしまったり、雨風にさらされてしまったりと、気がつかないうちに多くの傷がついていることもあります。また、木製のドアは経年劣化で表面の塗料が剥がれてしまいます。定期的なメンテナンスをすると、きれいな外観を維持できます。

玄関ドアにはアルミや木製、鋼板・スチール等の材質を選べますので、玄関ドアを設置する際は見た目だけでなく、経年劣化でどの様な症状が出るかも知っておくと良いでしょう。

ご自宅の玄関ドアのサイズは分かりますか?


玄関ドアのリフォームは、基本的には既存のドア枠のサイズに合う玄関ドアへ、リフォームします。玄関ドアのサイズは主に下記のサイズが流通しています。ご自宅のドアのサイズが分からない場合は、下記の表を参考にされてみてください。


玄関ドアの高さ

DH=23 2,312mm
DH=23(ランマ付) 2,312mm
DH=20(ランマ無) 2,000mm

玄関ドアのサイズ

3尺間口 幅 780mm 有効間口寸法 664mm
片開き 幅 872mm 有効間口寸法 756mm
3尺ワイド 幅 940mm 有効間口寸法 824mm
親子(入隅用) 幅 1,135mm 有効間口寸法 756mm(956mm)
片袖FIX(入隅用)基本袖タイプ・機能袖タイプ 幅 1,135mm 有効間口寸法 756mm
親子 幅 1,235mm 有効間口寸法 756mm(1,059mm)
片袖FIX(入隅用)機能袖タイプ(ポスト付き) 幅 1,235mm 有効間口寸法 756mm
両袖FIX 幅 1,235mm 有効間口寸法 756mm
両開き 幅 1,690mm 有効間口寸法 756mm(1,514mm)

玄関ドアのサイズを測る際は、開口部の大きさではなくドア全体の枠を測りましょう。らんま付き玄関ドアのリフォームは、らんままで入れて計測してください。

今のドア枠よりも大きい玄関ドアへリフォームを希望される場合は、既存の玄関ドアが親子ドアや片袖ドア、両袖ドアだと、一枚ドアにリフォームするだけでも普段使われる開口の幅が広くなるので開放感が生まれます。

ドア幅を広げるリフォームは壁を壊す必要があり、工期が1週間以上かかり費用も高額になります。経年劣化でのリフォームや外観のイメージを変えたいというご希望であれば、ドアだけを交換するリフォームが良いでしょう。


リフォームにおすすめの玄関ドアは?

玄関ドアリフォームのメーカーはlixil(トステム)やykkが代表的です。商品カタログを見るとおしゃれなデザインが多数あります。デザインも重要ですが、ドアの形状にも種類があり価格も異なります。

ここでは玄関ドアの種類とそれぞれの特長をご紹介します。

一枚ドア・片開きドア

1枚の扉で開閉する玄関ドアです。玄関の広さに制限があるアパートやマンションでよく設置されています。室内ドアにも多い形状なので、一般的にドアと言ったらこの形を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。


両開きドア

2枚の扉で開閉する玄関ドアです。大人数が出入りする建物やホテル・高級店、オフィスなどで使われることが多いドアです。

一般家庭に設置すると豪華な印象が出ますが、開閉するスペースに十分な広さが必要です。


親子ドア

親子ドアは、2枚の大きさが異なる扉で構成された玄関ドアです。普段は小さい子扉をロックして、大きい親扉を開閉時のメイン玄関ドア扉として使用します。

大きな荷物が通る時や来客時はロックを外すことで間口を広げて開放的に使用できます。主に戸建て住宅で使用されています。


引き戸

引き戸は扉の稼動スペースが真横なので玄関のスペースを広く使え、車椅子やベビーカーでの出入りがしやすいといった特長があります。

しかし、既存のドアが開き戸であれば壁を壊す工程がありますので、玄関ドアだけのリフォームであれば引戸へのリフォームはあまり一般的ではありません。

家全体をリフォーム・リノベーションされる場合に検討されるのが良いでしょう。



玄関ドアリフォームの施工方法をご紹介します

では、玄関ドアのリフォームはどの様な施工方法があるのでしょうか。お住まいによっては専門知識が無いと設置した玄関ドアが歪んでしまい、気密性や防犯性能が落ちるので、diyでのリフォームは避けましょう。

カバー工法でリフォーム

玄関ドアリフォームの施工方法で最も多い工法です。カバー工法は新しい玄関ドアのドア枠を、今のドア枠に被せるリフォーム方法で、lixilのリシェントなどが代表的な商品です。

古くなったドア枠を撤去する工程が無いので、工期は最短1日です。朝家を出て夕方帰ってくる頃には、新しい玄関ドアにリフォーム出来ているということも。

このカバー工法のデメリットは、既存のドア枠に被せるという点から、新しいドア枠は高さ3cm、横幅5cmほど小さいサイズになってしまいます。しかし、在来工法に比べて費用が安く、工期も短いので気軽に玄関ドアを交換できます。


ドア枠交換でリフォーム

ドア枠が歪んでしまっていると、カバー工法での玄関ドアリフォームでは対応できないケースが多いので、ドア枠ごと交換するリフォームとなります。

玄関周りの壁や床を解体する工事は、費用が高額になり工期が長くなります。






玄関ドアリフォームの基礎知識をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

リフォーム費用が高くなってしまい迷われているのであれば、2023年3月31日まで利用可能な「こどもみらい住宅支援事業」を利用し、お得に玄関ドアリフォームされるのも良いでしょう。

「こどもみらい住宅支援事業」は補助金を申請できる業者が限られます。ドリームリビングではこちらの補助金を利用いただけますので、気になった方は、ぜひお問い合わせください。




<< おしゃれな玄関ドア 目次に戻る 玄関ドアの価格 >>
 

ドリームリビングについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ
リフォーム出前帳

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ