エアコンクリーニングのポイント~定期的なクリーニングで健康的な住まいへ~

エアコンクリーニングのポイント

エアコンは定期的なエアコンクリーニングが重要です。

日々の運転で汚れや埃が溜まっていきますが、エアコン内部がなかなか見ることができません。

知らない間にカビが繁殖した内部から涼しい・暖かい空気が吹き出しているかもしれません。

春と秋はお得にエアコンクリーニングしやすい時期ですので、ハイシーズンをずらして年1回程度のクリーニングを行っていただくと良いでしょう。

こちらのページでは、エアコンクリーニングのメリットや流れ、価格相場などを分かりやすくおまとめしました。

ぜひ参考にされてみてください。


エアコンクリーニングは定期的に!

エアコンは使用することで自然と汚れが溜まっていきます。これは空気中に浮遊するホコリや花粉、カビなどが原因です。

エアコン内部に溜まった汚れは、エアコンの効率を低下させ、電気代もかかります

また、汚れたエアコンは空気中に汚れを放出してしまい、アレルギーや風邪などの原因にもなります。

エアコンクリーニングをすると、「こんなにも汚れていたのに動かしていたの!」と驚かれる方も多いです。

エアコンクリーニングは定期的に!

エアコンクリーニングのメリット

エアコンクリーニングを行うメリットとして、まずはエアコンの効率が上がることが挙げられます。

エアコンのフィルターやファンなどが汚れていると、空気の流れが悪くなり、冷房や暖房の効きが悪くなってしまいます

定期的にクリーニングをすることで、フィルターやファンなどの汚れを取り除き、空気の流れをスムーズにすることができます。

エアコンの効率が上がるため、電気代の節約にもつながります。

クリーニングのメリット

また、エアコン内部にたまったホコリやカビが原因で、アレルギー症状が悪化することがありますが、クリーニングによってこれらの汚れを取り除くことができます。

さらに、蓄積した汚れが原因で故障することがあるので、クリーニングで汚れをを取り除き、エアコンの寿命を延ばすことも期待できます。

エアコンクリーニングは稼働効率の向上、アレルギー症状の改善・エアコン自体の寿命の延長など、さまざまなメリットがあるため定期的に行いましょう。


エアコンクリーニングの目安

冷暖房の空気がカビ臭い!

初夏や秋口に久しぶりに稼働すると、出てくる空気がカビ臭くなっていることはないでしょうか。

エアコンの室内機の汚れからカビが発生している可能性が高いです。

特に冷房使用時にカビ臭さを感じる場合が多く、しばらくすると臭いが落ち着くこともありますが、内部の汚れを放置すると気が付かない間に空気中にカビ菌が蔓延してしまいます。

クリーニングの目安

効きが悪い!

エアコンの設定温度通りに涼しくなっていない、暖まっていないという場合は内部の汚れやフィルターの埃が原因で、空気の循環がスムーズにできていない可能性があります。

効きが悪い状態で稼働させると、電気の使いすぎで光熱費の高騰にも繋がります。

効きが悪い!

エアコンの吹き出し口が汚れている

快適な空気が出てくる吹き出し口の汚れが目につくこともあるでしょう。

エアコン内部は湿度が高くなりやすく、カビや汚れが溜まりやすいことから、この吹き出し口にもカビが付着します。

吹き出し口の掃除は比較的容易なので、小まめにお手入れしましょう。

除菌アルコール等を付け固く絞った雑巾やキッチンペーパーで、拭き取るようにしましょう。

エアコンの吹き出し口が汚れている

エアコンクリーニングのタイミング

エアコンの効果的な動作を維持するためにも、クリーニングは欠かせません。

エアコンクリーニングのタイミングは、一般的には年に一度が推奨されています。

特に、夏や冬が終わったタイミングで行うことが望ましいです。

エアコンを長い間使用していた場合、フィルターやコイルには大量のホコリや汚れが蓄積されます。

その汚れたままのエアコンを次に寒くなった時期、暑くなった季節に使用すると、カビ臭く汚れた空気が出てきてしまいます

また、使用シーズン直前はエアコンクリーニングの費用が高くなったり、予約が取れにくくなったりします。

エアコンクリーニングのタイミング

プロのエアコンクリーニングの流れ

エアコンクリーニングは、エアコンの稼動効率を上げるだけでなく、内部で発生する細菌やカビなどの有害物質を除去できるため非常に重要です。

プロのエアコンクリーニングのやり方を紹介します。

エアコン周辺の養生

まず、清掃中に汚れが家財や床・壁に付かない様に作業周りを養生します。ビニールと養生テープを使用する場合が多いです。

エアコン周辺の養生

エアコンの分解

次にエアコンを分解します。フィルターやファン、コイルなどを取り外します。

必要部位をしっかりと分解することで、熱交換器であるアルミフィンやファンまで汚れの確認、洗浄ができます。

基盤のエアコン本体の養生

エアコンの内部が見えたところで、エアコンの心臓である基盤も養生します。

基盤に汚れや水が入ることで本体の故障が起こりますので、丁寧に保護していきます。

その後エアコン本体をビニールで囲み、洗浄中の汚れが床のバケツやタンクに流れるようにします。

洗浄

洗剤を使って汚れを取り除きます。まずは全体にアルカリ洗剤を吹きかけ、埃や特にリビングに多い油汚れなどを落としていきます。

カビ汚れに有効な塩素系洗剤を使用する場合もあります。

洗剤を使って汚れを取り除きます

洗剤が浸透したら、高圧洗浄機でアルミフィンやファンを洗浄します。

高圧洗浄機でアルミフィンやファンを洗浄

汚れが流れ切ったら、暖房を稼働させて内部を乾燥させます。

分解したエアコンカバーやフィルターなども、しっかり汚れを落とします。

カバーやフィルターなども、しっかり汚れを落とします

組み立て

分解したパーツを組み立て、動作確認、養生の撤去を行います。

分解したパーツを組み立て、動作確認

エアコンのクリーニングは自分で出来る?

エアコンのクリーニングは、自分で行うことが可能ですが、注意すべきポイントが多数あります。

まず、エアコンの電源を必ず切ってから作業を始めてください。ファン全体の汚れ具合が見たいからといって、稼働させながらお手入れするのは絶対にお止めください

また、内部の汚れやカビを取り除くためには、専用のクリーニング剤を使用することが推奨されます。クリーニング剤の使用は取扱いに注意し、注意書きに従って使用してください。

エアコンの内部に触れる作業は、お手入れだけのつもりがエアコン自体の故障の原因になってしまうことも。

ご自身でのお手入れは、吹き出し口やフィルターの清掃に留めておき、全体のクリーニングはプロにお任せいただくことをおすすめします。


エアコンクリーニング料金相場

エアコンクリーニングの料金相場は、一般的に1台あたり5,000円〜20,000円程度です。

エアコンの種類や汚れ具合によって金額が異なります

また、エアコン本体にお掃除機能が付いたものは、このお掃除機能である部位の分解が複雑なためその分費用が高額になります。

お掃除機能はフィルターの埃を掃除してくれますが、内部の汚れやカビまでは解消できません。どちらのタイプでも、定期的なクリーニングが必要です。

種類 値段 作業時間
通常タイプ  8,000〜13,000円  約1時間~ 
お掃除機能付 12,000〜18,000円  約2時間~ 

エアコンの種類や汚れ具合によって金額が異なります

お得にエアコンクリーニングするには

「毎年家全部のエアコンクリーニングをすると数万円もかかる!」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

お得にエアコンクリーニングを行う方法をご紹介します。

ハイシーズンを外す

前述したように、夏前や冬直前はエアコンクリーニングの依頼が殺到し、見積もり金額が高くなる傾向があります。

ハイシーズンとタイミングをずらした、春と秋はお得にクリーニングしやすいでしょう。

クリーニングキャンペーンを行っていることもあるので、依頼業者のHPやSNSなどをチェックしましょう。


複数台まとめて依頼する

お住まいのエアコン全てを一度にご依頼されると、複数台のおまとめ割がされるケースもあります。


古い機種は新しい本体への交換

古いエアコンもクリーニングは基本的に可能ですが、製造後10年、20年経っている機種は故障が見つかった際に交換部品が手に入らない場合があります。

最新機種では換気をしながら稼働することもでき、快適性が向上しています。

古い機種のエアコンの汚れや機能が気になった際は、本体交換の検討をされるのも良いでしょう

古い機種は新しい本体への交換




エアコンクリーニングのメリットや流れ、料金相場についてお伝えしました。いかがでしたでしょうか。

定期的なクリーニングを行うことで、真夏・真冬を快適に過ごせます。

エアコンクリーニングはぜひドリームリビングにご相談ください。

リフォーム出前帳
お問い合わせはこちら
 

ドリームリビングについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ
リフォーム出前帳

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ